HOME >> バストの構造とメカニズム
バストの構造とメカニズム

バスト(乳房)は、哺乳類が子供を養うために乳汁(母乳)を分泌するようにつくられた器官です。 しかし、同じ哺乳類の中でも、大きく豊かに膨らんだ乳房を持っているのは人間の女性だけです。

なぜ、人間の女性だけが、
このような豊かな乳房に発達したのでしょうか?

ある動物学者は、「女性の胸は性的魅力を発信するために進化した」という説を唱えています。 人間は猿から進化したと言われていますが、この進化の過程で、四足歩行から二足歩行へ移行しました。四足歩行の猿は繁殖期になるとお尻が赤く大きくなり、セックスアピールの役割を果たしていましが、二足歩行になると、お尻はあまり目立たず、それに変わるアピールポイントして、乳房が発達したとも言われています。

事実、男性雑誌を例にとるまでもなく、男性のほとんどが、女性のバストに魅力を感じるているのではないでしょうか。

知っているようで知らないバストの構造
バストは、10%の乳腺と90%皮下脂肪で構成されており、この構成比によって弾力や、ハリ、形に差が生まれます。

皮下脂肪が多いと柔らかいため、形がくずれやすく、乳腺が多ければ、硬く動きにくいため、垂れにくく、くずれにくいと言われています。そして、バストを支える土台となるのが大胸筋です。さらには、乳腺と皮下脂肪をクーパー靭帯と呼ばれる繊維(コラーゲン層)の束が支えています。そして、乳房全体を包み込む表皮も加えて、バストの全体の美しさとなっているのです。

また、バストの成長には、間脳にある視床下部というところがコントロールし、分泌される女性ホルモンの影響を強く受けます。

美しく、豊かなバストをつくるには、こういった構成要素を理解し、女性ホルモンの促進なども含めて、しっかりとした専門ケアが必要です。

バスト発育のメカニズム
バストの大きさやコンプレックスで悩む女性の多くは、遺伝的なものとはじめから諦めていたり、産後、加齢、さらにはスポーツやダイエットなどが原因だと嘆いていたりと、人様々ですが、実際は遺伝的なものよりも、乳腺の未発達が原因であったり、後天的な作用が原因の場合でも、この乳腺の発達にもっとも大切なのは女性ホルモンなのです。

近年では食品(大豆、ザクロ、タイ産のプエラリアなど)に含まれる成分が、女性ホルモンの働きを促進することが発見され、バストアップ向けの化粧品やサプリメントとして、市場で販売されています。「APOLLINAIRE」では、この女性ホルモンに効果的に働きかける光豊胸技術を用いて、あなたをバストの悩みから開放します。

ご予約はこちらから
CONTENTS
アポリネールとは?
アポリネールの特長&こだわり
アポリネールの豊胸についての考え方
アポリネールについて
胸・バストについて
バストの構造とメカニズム
バストが小さい理由
豊胸手術を考える前に
バストケアについて
メスを使わない美乳ケア
モデル・タレントなどバストケアが必要な方へ
アポリネール広場
バストアップレポート
バストアップ適正診断
取材していただきました
ご予約・お問い合わせはこちら
電話:03?5524?3939
アポリネールリンク
アポリネールスタッフブログ
facebookアポリネールの最新情報を発信しています!
真の美容サービスを提供するAPOLLINAIRE GROUP
最先端光痩身・光脂肪溶解専門店APOLLINAIRE CASA
APOLLINAIRE GEMMA保証付クオリティ脱毛
TOPに戻る